BuzzLog / バズログ

BuzzLog / バズログはニュースとエンターテインメントを伝えるメディアです

ヒット予測2017/ストレス解消になる!最新エクササイズ3選

仕事は残業続き、週末は疲れ果てて寝るだけ。。。
どんどん悪循環になっているそこのアナタに朗報。

2017 年、これから流行りそうな新しいエクササイズをピックアップしてご紹介します!

燃焼系ウエアラブルジム

日経トレンディのヒット予測によると、
2017年は「燃焼系ウエアラブルジム」がヒットすることが予想されています。
最新のテクノロジー + フィットネスジムでどんな新しさがあるのでしょうか?

その最大の特徴は、全員がそれぞれ専用のウエアラブル心拍計を付けていて、壁のモニターには、1人1人の心拍数が表示されていることです。

一人では継続することが難しい高負荷トレーニングも、
グループ全体で盛り上がって実践すると意外とこなせたり、
ストレス発散にもなります。

全体で盛り上がり頑張れるというメリットと、
各々が心拍計を付けているので、その人に最適の負荷がわかり、それを維持することができます。

日本初上陸!オレンジセオリー・フィットネス

ウェアラブルジムの先駆けである「オレンジセオリー・フィットネス」。
アメリカ発のウェアラブルジムなのですが、
すでに日本にも店舗が出来ているらしいです。
60分で有酸素エクササイズとストレングス・トレーニングを交互に繰り返すハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニングを行う、トータルボディ・ワークアウトです。


オレンジセオリー・フィッネスの魅力

ARクライミング

スポーツクライミングは、2020年の東京オリンピックにが正式種目に採用された、これから流行るであろうスポーツの1つです。
ボルダリングとかは認知度があがって、趣味・エクササイズとして一部の人には人気があります。

スポーツクライミングは「リード」「ボルダリング」「スピード」の3つからなる複合競技です。
リード は高さ12メートルの壁をロープをつけて登り、制限時間内での到達高度を競います。
ボルダリング は高さ5メートルの壁に設定された複数コースを制限時間内にいくつ登れたかを競います。
スピード は高さ15メートルの壁を登りきるタイムを競います。

このスポーツクライミングを AR(拡張現実)と組み合わせることで、
より楽しくなる『ARクライミング』がこれから流行りそうです。


Augmented Reality Climbing

階段垂直マラソン

階段垂直マラソンとは、超高層ビル、塔などの非常階段をコースに利用しこれを駆け上がるマラソンレースです。
垂直マラソン、バーチカル・ランニングとも呼ばれていて、
スカイランニング競技の中の都市型種目とされます。

すでに大阪・あべのハルカスでも競技実施されているようです。


Reebok RUN in 大阪 (HARUKAS SKYRUN オフィシャルセッション)

japan-verticalrun.jp